2017年04月04日

朝日新聞「酒もよう@信州」45回

朝日新聞(長野県版)に掲載されている
長野県内の酒蔵・ワイナリーの紹介する記事を抜粋させてもらっています。

2017.3.17
第45回「長生社(駒ヶ根市)」
【全量純米「地酒のための酒」貫く】
1883(明治16)年創業の「長生社」さん
作る大吟醸は全国新酒鑑評会に出品されて1992年から6年連続で金賞を受賞したそうです。

と栄光だけではなく1990年に経営が厳しい時期があり低迷期があったそうです。
1998年から「何かに特化した蔵にしたい」と考え
地元産の酒米「美山錦」を使い、中央アルプスの伏流水で醸す。

今では県内はもちろんの事
関東各地、宮城、福島、大阪など県外のお店50店で販売されているそうです。

これからも全国新酒鑑評会に出品して金賞を狙っているそうです!
posted by ヤギ。 at 20:59| Comment(0) | 新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: