2017年04月15日

朝日新聞「酒もよう@信州」46回

朝日新聞(長野県版)に掲載されている
長野県内の酒蔵・ワイナリーの紹介する記事を抜粋させてもらっています。

2017.3.24
第46回「楠わいなりー(須坂市)」
【日本食に合う白ワインを目指す】
創業がなんと2010年!
もしかすると?長野県の中でも一番歴史の浅いワイナリーかもしれませんね!

しかしですよ!記事によりますと!
昨秋に軽井沢で開催された「G7交通相会合」の夕食会に出された
ホタテのソテーに合わせて
楠わいなりー産の「シャルドネ樽熟成2014」がグラスに注がれたそうです!
スゴイですよね!
昨夏に開催された伊勢志摩サミットでは「椀子ワイン」が使われて話題になりましたよね!
それと同じ話じゃないですか!

そんな「楠わいなりー」さんの社長は2001年に父親が亡くなった事が
きっかけになってワイン作りをスタートさせたそうです!
オーストラリアの大学へ留学したり、就農したり、まだまだ若いワイナリーですが
タイトルのように「日本食に合う白ワイン」を作るっていう大きい目標があるそうです!

是非、1本購入して飲んでみたいですね!

楠わいなりーのwebサイト
http://www.kusunoki-winery.com/
posted by ヤギ。 at 23:05| Comment(0) | 新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: