2017年03月10日

朝日新聞「酒もよう@信州」44回

朝日新聞(長野県版)に掲載されている
長野県内の酒蔵・ワイナリーの紹介する記事を抜粋させてもらっています。

2017.3.10
第44回「岡崎酒造(上田市)」
【「蔵を次代へ」二人三脚の酒造り】
350年前の1665(寛文5)年に創業の上田市の酒蔵
このシリーズがスタートした昨年の1月に記事が掲載されましたが
今回、改めて紹介されましたよ。

ここの杜氏さんは12代目で女性なんですよ!
記事には蔵を潰さない為に杜氏さんが何をしていたのか!の経歴などが記載されてました。

それはそれとして
お酒に関しての話をご紹介します!
ここのお酒の銘柄は「信州亀齢」
今の杜氏さんに変って、色々変化をさせながらお酒造り続け
2015年、関東信越国税局酒類鑑評会の吟醸部門で
「亀齢 大吟醸」が最優秀賞(第1位)を受賞したそうです。

この受賞には杜氏さんと旦那さんが二人三脚でお酒造りに取り組んでいる証拠ですね!

岡崎酒蔵webサイト
http://www.ueda.ne.jp/~okazaki/
posted by ヤギ。 at 20:30| Comment(0) | 新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

朝日新聞「酒もよう@信州」41回

朝日新聞(長野県版)に掲載されている
長野県内の酒蔵・ワイナリーの紹介する記事を抜粋させてもらっています。

2017.2.17
第41回「橘倉酒造(佐久市)」
創業が!なんと1696(元禄9)年と
県内の酒蔵でも屈指の歴史と伝統を誇る酒蔵がここ【橘倉酒造】さん。

多くの著名人が訪れ居るとの事!
その中には昨年亡くなった俳優の高倉健さんもこちらのお酒を取り寄せて飲んでいたそうです!
では?どんなお酒なのか?
長野県産のひとごこちと美山錦を酒米として使い
仕込み水は八ヶ岳の伏流水を井戸からくみ上げて使っているそうです!
オススメのお酒は「純米吟醸 無尽蔵」
蔵の見学は年末年始を除いて受け入れているそうですので
是非、一度見に?飲みに?行ってはいかがだろうか?

橘倉酒造webサイト
http://www.kitsukura.co.jp/

posted by ヤギ。 at 21:57| Comment(0) | 新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

朝日新聞「酒もよう@信州」40回

朝日新聞(長野県版)に掲載されている
長野県内の酒蔵・ワイナリーの紹介する記事を抜粋させてもらっています。

2017.2.10
第40回「伊那ワイン工房(伊那市)」
【ワイン造り 音楽のような表現を】
創業2014(平成26)年の新しいワイナリー
造ったワインには音楽で作品番号を意味する「op.(=opus)」を付けるそうです。
社長さんが大学時代にトランペットを演奏してそうです♪だからか!

このワイナリーは葡萄畑を持っていないそうです!
しかし!毎年圃場へ出向き葡萄の出来を確認して買い付けをしているそうです!
そこから独自の手法でワインを醸造するなってステキな話ですね。

社長さんの経歴を読んでもワイン造りが天職だと思ってしまいます。
まだまだスタートしたばかりの小さいワイナリーだけど
きっと数年後にはステキなワイナリーとして成長してくと信じています。

伊那ワイン工房webサイト
http://inawine.net/

伊那市にはちょくちょく行く機会があるので
今度はワイナリー寄って見ようと思います!
posted by ヤギ。 at 13:20| Comment(0) | 新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする