2017年02月21日

朝日新聞「酒もよう@信州」41回

朝日新聞(長野県版)に掲載されている
長野県内の酒蔵・ワイナリーの紹介する記事を抜粋させてもらっています。

2017.2.17
第41回「橘倉酒造(佐久市)」
創業が!なんと1696(元禄9)年と
県内の酒蔵でも屈指の歴史と伝統を誇る酒蔵がここ【橘倉酒造】さん。

多くの著名人が訪れ居るとの事!
その中には昨年亡くなった俳優の高倉健さんもこちらのお酒を取り寄せて飲んでいたそうです!
では?どんなお酒なのか?
長野県産のひとごこちと美山錦を酒米として使い
仕込み水は八ヶ岳の伏流水を井戸からくみ上げて使っているそうです!
オススメのお酒は「純米吟醸 無尽蔵」
蔵の見学は年末年始を除いて受け入れているそうですので
是非、一度見に?飲みに?行ってはいかがだろうか?

橘倉酒造webサイト
http://www.kitsukura.co.jp/

posted by ヤギ。 at 21:57| Comment(0) | 新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

朝日新聞「酒もよう@信州」40回

朝日新聞(長野県版)に掲載されている
長野県内の酒蔵・ワイナリーの紹介する記事を抜粋させてもらっています。

2017.2.10
第40回「伊那ワイン工房(伊那市)」
【ワイン造り 音楽のような表現を】
創業2014(平成26)年の新しいワイナリー
造ったワインには音楽で作品番号を意味する「op.(=opus)」を付けるそうです。
社長さんが大学時代にトランペットを演奏してそうです♪だからか!

このワイナリーは葡萄畑を持っていないそうです!
しかし!毎年圃場へ出向き葡萄の出来を確認して買い付けをしているそうです!
そこから独自の手法でワインを醸造するなってステキな話ですね。

社長さんの経歴を読んでもワイン造りが天職だと思ってしまいます。
まだまだスタートしたばかりの小さいワイナリーだけど
きっと数年後にはステキなワイナリーとして成長してくと信じています。

伊那ワイン工房webサイト
http://inawine.net/

伊那市にはちょくちょく行く機会があるので
今度はワイナリー寄って見ようと思います!
posted by ヤギ。 at 13:20| Comment(0) | 新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

朝日新聞「酒もよう@信州」39回

朝日新聞(長野県版)に掲載されている
長野県内の酒蔵・ワイナリーの紹介する記事を抜粋させてもらっています。

2017.2.3
第39回「高橋助作酒造店(信濃町)」
【繊細な美山錦 理想の味わいに】
創業1875(明治8)年の酒造店場所が信濃町と記載されていますが
信濃町の古間なんですよね!
古間といえば「薄刃の片刃草刈鎌」ですよね!
その古間で約140年の歴史のある酒造店が「高橋助作酒造店」さん
使うお米を長野県内産の美山錦と戸隠神社奥社の鳥居付近を源流とする鳥居川水系の水。
聞いただけでも美味しいお酒が出来そうに思えてしまいますよね。

作られている代表のお酒の名は「松尾」
創業以来こだわった造り方をしてきたそうです。
しかし、それだけでは生き残れないと2006年から「純米大吟醸 松尾」が生まれ
数々の賞を獲得してきたそうです。

この春から「岡学園トータルデザインアカデミー」と協力して
「みんなで飲める美味しいお酒」をコンセプトで酒造りに挑んでいくそうです。

高橋助作酒造店webサイト
http://www.matsuwo.co.jp/
posted by ヤギ。 at 22:33| Comment(0) | 新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする